老人性イボアロマ

老人性イボにアロマが効く?不思議な解決方法

老人性イボにアロマが効く?不思議な解決方法

 

老人性のイボの治療方法は、
塗り薬や病院での治療、コスメによるケア・・・

 

様々ありますが、この方法のほかにも試せる方法があるのです!

 

 

 

それは、アロマオイルによるケア!

 

 

アロマオイルによるケアは、どのように行うのか?

 

どの香りのアロマオイルを使えばいいのか?

 

その気になる部分を、ご紹介します!

 

 

 

どんなアロマオイルを使えばいいのかな?アロマオイルの治療法!

 

 

さて、アロマオイルを使ううえで、おすすめしたい香りのアロマは、
「ティートゥリー」「ラベンダー」「アングスティフォリア」です。

 

 

まず、「ティートゥリー」は、
炎症を抑えたり、抗菌作用を持つ精油です。

 

 

敏感肌の方や、
妊娠中の方は使用を控えた方が良いと言われています。

 

 

「ラベンダー」や「アングスティフォリア」は、どちらかと言うと
ラベンダーの方が入手しやすいかな?とは思いますが、
アロマの専門店に行けば入手はしやすいかと思います。

 

 

この2つは、刺激が少ないため、
敏感肌の方でも使用することができます。

 

ですが、ティートゥリーと同じく、
妊娠中の方は使用しない方が良いでしょう。

 

 

そして、追加でオススメしたいのは、フランキンセンスです。

 

これは、ラベンダーと混ぜることによって、
皮膚のアンチエイジングに効果があると言われています。

 

 

フランキンセンスも、妊娠中の使用は避けるようにしてください。

 

 

 

アロマオイルによる治療方法はどうやるの?

 

さて、このご紹介したアロマオイルですが、一体どうやって
使えばいいのでしょうか?その方法をご紹介します。

 

 

まずは、アロマオイルを「アプリコットカーネルオイル」で
薄めて、綿棒に染みこませてイボに塗りこむ方法です。

 

 

アプリコットカーネルオイルも、
アロマ専門店なら入手できるはずですので、探してみてください。

 

 

 

そして、もう1つある方法が、
ティートゥリーと、レモンのオイルにアプリコットカーネルオイルを
混ぜて、それを老人性イボに塗りこむ方法です。

 

 

この方法で注意したいのは、レモンのアロマです。

 

 

レモンのアロマオイルには、光に対する毒性がありますので、
塗った後はすぐに日光に当たらないように気をつけてください。

 

 

 

アロマオイル治療で気をつけていただきたいポイント

 

アロマオイルでの治療で気をつけたいのは、
まずは「肌に対する刺激」に気をつけることです。

 

 

敏感肌の方は、濃度をしっかり下げないと、
刺激を感じて肌がぴりぴりしてしまうかもしれません。

 

ですので、しっかり濃度を下げて使用するか、
肌の刺激が少なめのラベンダーのオイルを使うことをおすすめします。

 

 

まずは、パッチテストを数回行って、
大丈夫なようでしたら、続けるのが良いかと思います。

 

 

ちょっと変わった、アロマオイルでの治療方法。

 

匂いにも癒されながら、お試しをしてみませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ