老人性イボ顔 老人性イボ首

顔や首にできてしまった老人性イボの退治方法!

顔や首にできてしまった老人性イボの退治方法!

 

 

 

30代を過ぎるくらいから、
顔や首にポツポツしたイボやザラザラが出てきてしまった・・・

 

 

そんな事はありませんか?

 

それの原因は、老人性イボかもしれません!

 

 

この老人性イボが、どんな仕組みで出来るのか、
そして、解決方法はどうすればいいのかをご紹介いたします!

 

 

 

 

老人性イボって、どうしてできるの?

 

 

さてさて、老人性イボは、簡単に言ってしまうと、

 

「皮膚の新陳代謝の流れが悪くなって、
古い角質がたまってしまい、イボのように残ってしまう」

 

現象の事を言います。

 

 

別名、スキンタッグとも言われていて、
30代を越えた女性に多く現れやすいという報告がありますが、
詳しい理由はわかっていないようです。

 

 

そして、老人性イボができやすい場所は、
皮膚がやわらかい部分が多いと言われています。

 

 

良性の腫瘍なので、
すぐに身体に大きな害を与えることはないのですが、

 

衣服やアクセサリーがこすれたり引っかかってしまうことで、
炎症を引き起こしてしまう可能性もあります。

 

 

この老人性イボ、スキンタッグは、大きさによって名前を変えるのです。

 

 

一番小さい状態はアクロコルドン、次の大きさはスキンタッグ、
そして、大きさが一番のものを軟性繊維種とも言います。

 

 

 

では、次の項目では、
この老人性イボをどうやって退治するかをお教えしますね!

 

 

 

 

老人性イボ、どうやって退治しましょうか?

 

 

さて、顔や首にできてしまった老人性イボを、どうやって退治していくか?

 

 

この方法をお教えしますね。

 

 

一番の方法は、原因である新陳代謝を高めて、
肌の代謝を良くするのを目指すのが良いと言えます。

 

 

肌の新陳代謝に効く成分でおすすめしたいのは、
「パルミトレイン酸」と「ヨクイニン」です。

 

 

パルミトレイン酸は、元々人間が持っている成分ですが、
年齢を重ねるうちに減少してしまい、
30代頃から分泌量が低下してしまうという報告があります。

 

 

パルミトレイン酸が多い肌は、肌の再生スピードが良くなり、
皮膚の老化を防ぐことができるのです!

 

 

パルミトレイン酸が豊富な肌は、若々しい肌と言えます。

 

 

そして、ヨクイニンは、ハトムギエキスとも言われていて、
皮膚の新陳代謝を高めて新しい細胞を作る時に必要になってくる成分です。

 

 

ヨクイニンに多く含まれているビタミンBは、不足していると
皮膚が厚くなってしまったり、

 

目の周りが腫れぼったくなってしまったり、
ニキビが顔全体にできやすくなってしまったりします。

 

 

つまり、この「パルミトレイン酸」と「ヨクイニン」
2つを効率よく取れる化粧品などを使えば、肌の代謝が良くなってきて、
自然に老人性イボが消えてくれる可能性があるのです!

 

 

ひとつ注意をして頂きたいのは、この2つの成分は
すぐに効果があるわけではないのです。

 

 

目安としては、3ヶ月以上の継続した使用を推奨されています。

 

つまり、じっくり体の新陳代謝を直していくような感じですね。

 

 

パルミトレイン酸や、ヨクイニンを含んだ商品は、
角質ケアをメインに置いてある美容商品があるので、
気になった方は調べてみて下さい!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ